楽焼の陶芸家、三代目佐々木昭楽さんによる楽茶碗。
樂家初代・長次郎の黒楽茶碗「春朝」を写したものです。

「春朝」は長次郎の作品の中では比較的作為の強い造形の茶碗です。
特に高台周辺は鉋の跡を深く残しています。畳付は幅広く、一段溝を取った高台は、高く大きく削りあげられています。
腰は低く張り、周囲をヘラで巡らせた胴も一方を強く括らせ、抱え込んだ口部へと立ち上がらせています。
表面はやや艶のある釉膚。
小振りな茶碗ですが、変化に富んだ造形が全体を力強く見せています。

こちらの商品は木箱入りでございます。

商品サイズ: 直径 10.5cm 高さ 8.0cm
※こちらの商品はひとつひとつ手作りのため、サイズは多少の誤差があります。

作:松楽窯
京都・楽焼(日本製)

驚きの値段 長次郎「春朝」写し 黒楽抹茶碗 〔佐々木昭楽〕-抹茶茶碗!

↑このページの先頭へ

Loading